造作カウンターのあるキッチン

キッチンは女性にとっては非常に大事な空間です。キッチンで家事を行いながら家族の顔を見て会話が行えたり、キッチンで家事を行いながらリビングで遊ぶ子どもの様子を確認できる対面式オープンスタイルのキッチンが人気です。対面式キッチンにはフラットに繋がるカウンターを設ける人が多いです。

我が家のキッチンはあえて造作カウンターを設けてこのカウンターがキッチンのアクセントとなるようにしたいと思っています。この造作カウンターがあることでフルオープンスタイルのデメリットの対策にもなります。フルオープンスタイルのキッチンのデメリットはシンクや手元部分が丸見えになってしまうことです。きれいに片付いている時は見栄えがいいのですが、調理中や調理後などキッチンが汚れている状態の時もリビングやダイニングから丸見えになってしまうので見栄えがいいとは言えません。造作カウンターがあることでリビングやダイニングとの一体感はそのままにシンクや手元部分をしっかく隠すことができます。

またこのカウンターの上手にはモザイクタイルを敷き詰めればキッチンのアクセントにもなります。そしてこの造作カウンターを飾り棚としてニッチを設けました、食器などを収納できるニッチを設ければ便利さも感じられる造作カウンターになります。食器など物を収納する部分の前には扉を設けておくのも生活感が感じにくくなりいいと思います。フルオープンキッチンもいいですが、造作カウンターでセミオープンキッチンにするのもいいと思いませんか。

広く見える間取り

家造りをするほとんどの人が広々とした住宅に憧れを抱くと思います。しかし予算には限りがあり、予算を抑えるためには建物をコンパクトにするのが一番早い方法です。限られた予算内でできるだけ広い家にしたいと考えるのは当たり前のことなのです。建物はできるだけコンパクトにします。こうすることで予算を抑えることにも繋がります。

中を広く見せる工夫をすればいいのです。できるだけ住宅内に無駄なスペースを生まないことです。無駄な廊下スペースはできるだけつくらないようにしましょう。廊下は通路にしかすぎません。廊下があることでその他の部屋の広さが失われてしまうのです。そこで和室をつくる場合も、LDKと一体化させるのです。最近はLDKの一体感を高めるスタイルが人気です。この一体感を高めたリビングの一部やリビングの延長上に和室を設ける間取りが非常に人気です。

このように空間を繋げることで奥にまで視線が繋がり、リビングにより広さや開放感をプラスさせることができるのです。和室とリビングの間には建具を設けておけば、シーンに合わせて個室として利用できたり、普段はリビングの延長として普段使いできる和室となるのです。LDKに広さや開放感を増すには吹き抜けを取り入れるとより効果的です。二階にまで視界が繋がり面積以上の広さを感じられるのです。

また高い位置に設けた窓からたくさんの光を得られるため明るくスッキリとしたリビングとなるのです。リビングの先にウッドデッキを設けるのもリビングに広さをプラスできます。このように空間を区切らず繋げる間取りがポイントです。LDKは暮らしの中心となる空間だけに家族が最も居心地のいい空間にしたいものですね。

ユーティリティスペース

あったら便利なユーティリティスペース。このユーティリティスペースとは、キッチンや洗面室に隣接して設けられる多目的空間のことを指します。雨の日にはここに洗濯物を干したり、家計簿をつけたり、洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたりとちょっとした家事を行うスペースとしたり様々な用途に使用できるのです。

主婦にとってキッチンと洗面室は家事を行う上で非常に重要な空間です。これらの空間に隣接して設けられるユーティリティスペースは家事動線を考える上で非常に大事なのです。炊事や洗濯は毎日の繰り返しです。毎日行われるだけに自分に一番適した配列を考えるべきなのです。

洗濯物干し場は基本的には屋外です。しかし悪天候には屋外に洗濯物を干すことができません。また外出して帰宅が遅くなる時や花粉が多く飛散する時、大気汚染が多く飛来する時など屋外に洗濯物を干すのに抵抗を感じます。このような時でも洗濯は行うので、室内用の洗濯物干し場というのはしっかり確保しておきたいものです。

このユーティリティスペースがあれば、天候に左右されることなく洗濯物をしっかりと干すことができます。毎日行う家事だからこそ円滑に行える環境を整えておくことで、家事へのストレスが軽減され楽しみながら家事を行えるようになるのです。ここにカウンターを設けていれば、乾いた洗濯物をたたんだり、裁縫をしたりちょっとした家事を誰にも邪魔されることなく効率良く行えます。家事の効率を高めることで、自分の時間にゆとりを持てるようにもなるのです。ユーティリティスペースは家事をこなす主婦にとって理想的な空間と言えるのです。

業者選び

家造りを進めていくには、まず業者を選ぶことから始まります。そして、実はこのパートナー選びこそが家造りで一番重要なことなのです。しかしこの業者選びは意外と難しいのです。大手ハウスメーカーから地元の工務店までを合わせると数多くの業者が存在します。その中から一社を選び出すというのは容易なことではないです。

まずは、大手ハウスメーカーと工務店の特徴を知ることで選択肢が絞られてきます。大手ハウスメーカーの特徴は、会社としての規模が大きく、社会的ブランド力があることです。モデルハウスやカタログ、広告など家造りにおけるイメージを沸かせるための材料が揃っているのです。画一化されたデザインを持っているため提案力もあります。しかし自社製品しか売ってくれなかったり、商品の規格化のため、自由にならない部分もあります。広告宣伝費やモデルハウスの維持管理費など、さまざまな経費が建築費に上乗せされてしまうのです。利益第一の体質から、営業が少々強引になることもあるのです。

工務店の特徴は、建築主の希望や都合を最優先するため、大量生産とは異なる一品生産の家造りを行うことができます。また地域での評判を大切にするため、施工はもちろん引き渡し後のメンテナンスにおいてもしっかり対応してくれるのです。契約をおこなう会社と施工者が同一のため、施金の所在がはっきりしているのです。しかし世間一般的に会社規模が小さいため不安視されることも少なくありません。また洗練されたデザインを取り入れていない場合も多いのかもしれません。

それぞれの特徴を知ることで業者選びがしやすくなり、最高の一社を選び出しやすくなるのです。

アウトドアリビングを楽しむ家

住宅を楽しむというのは室内だけのことではありません。室内の空間を満喫するのも大事なことですが、外の空間にも目を向けてみて欲しいと思います。我が家はリビングに面してウッドデッキを設けました。3間半の広さの横幅に面して設けられたウッドデッキは、リビングの延長に設けた和室からも行き来ができるようになっています。横幅のあるウッドデッキには奥行も持たせました。

横幅と奥行があることで、ここを一つの空間と捉え、アウトドアリビングを楽しめる空間となっているのです。リビングの延長としてこの空間を楽しむことができます。窓を開け放てば、ウッドデッキが広がるので、室内の広さや開放感を与えてくれます。アウトドアリビングの魅力は、自然と隣り合わせの時間を過ごすことができることです。暖かい日差しを浴びることができたり、心地よい風を肌で感じることができたり、庭の景観を楽しみながらお茶をしたり、食事をしたり、小鳥のさえずりを聞きながら読書を楽しんだり室内では感じることのできない特別な時間を過ごすことができるのです。

このウッドデッキの上には同じ広さの二階のバルコニーが設けられています。ウッドデッキの屋根代わりにもなってくれています。またウッドデッキには屋外用の洗濯物干し場を設けています。リビングの延長として空間を満喫することもできますし、家事を行うことで実用性の高いウッドデッキとなっているのです。室内だけでなく外の空間をアレンジして開放感たっぷりのプライベート空間を設けてみてはいかがでしょうか。

小上がりの和室

私は新築住宅を建てた際には、和室を必ず小上がりにしたいと思っていました。最近では住宅も洋風化が進み、和室が一室もない住宅というのも珍しくはありません。しかし日本人であるならば、和室の魅力は誰もが理解できます。それをこれからも受け継がれていくべきものだと感じるのは当たり前のことだとも思います。

しかし従来のように床の間や長押のある純和風の和室は人気がなくなってきました。どちらかというと洋風の住宅に調和が取れる和室と言うのが人気を高めています。その一つに小上がりの和室が挙げられます。小上がりにすることで洋風のリビング内に和室を設けても、違和感なくそれぞれの空間が存在します。高低差があることで緩やかにそれぞれの空間をゾーニングできて、一体感を感じながらも個室と言う感覚も多く得られます。

また畳下に生まれるデッドスペースを収納スペースとして利用できます。物が片付けられる収納スペースがあって無駄と感じることはありません。また小上がりにしたことでサッと腰を下ろせる便利なイス替わりにもなります。家事の合間にサッと腰を下ろして休憩し、サッと立ち上がれるので家事へのとりかかりもスムーズになります。

どのような形であれ、和の空間がこれからも大事にされるべきだと私は思います。体を横に伸ばしゆっくり休息するには和室が一番なのです。我が家にはリビングに続く小上がりの和室を設けました。リビングの延長として和室を活用でき、時には個室としても活用できる便利な和の空間となっています。

収納力のあるカップボード

キッチンにパントリーを設ける家庭が多いと思います。住宅への不満は収納スペースの少なさです。適材適所に収納スペースを確保することで住宅への不満を解消し満足度の高い家にすることができるのです。女性にとってキッチンは非常に重要なスペースだと思います。専業主婦である私は一日の大半をキッチンで過ごしていると言っても過言ではありません。長時間過ごすキッチンは居心地が良く、家事の効率を高められる空間にしておきたいものです。

そこで我が家のキッチンはパントリーと別に収納スペースを確保するのではなく、カップボードを広く確保しそのワンスペースをパントリーとして活用するようにしました。三枚扉の一面には食器類をしまいます。天井にまで広がるカップボードは食器も大容量にしまうことができるのです。
二面にはキッチン家電を収納します。炊飯器や電子レンジにポットなどキッチンに欠かせないアイテムをカップボード内に収めます。これらのアイテムは生活感の出やすいものでもあるので、使用しない時は扉でしっかり隠せるので、生活感の感じさせないスタイリッシュなキッチンにすることができるのです。ホットプレートやたこ焼き器、フードプロセッサーなどの家電もしっかりと収納できるのです。
三面はパントリーとして、乾物やレトルト食品、お菓子にビールなどのストック品を収納します。キッチンを振り返ると必要な物が全て一か所で管理できるので、家事の効率を高められます。また全てをすりガラスの扉で隠すことができるので、スッキリとしたキッチンになるのも魅力です。キッチンで過ごす時間がより楽しく感じられそうです。

窓の存在

住宅に設置されるのが当然とされている窓。この窓は住宅にとって非常に重要な存在なのです。その理由として熱の出入りは住宅の中で窓が約48%なのです。外壁は19%、換気は17%、屋根は6%と他のどの部分よりも窓から熱の出入りは大きいのです。この窓への対策をしっかり行うことで夏は涼しく冬暖かい家が実現でき、快適で暮らせる家を手に入れることができるのです。

この窓は夏はなんと70%の熱が窓から入ってきます。冬は約50%の熱が窓から逃げていっているのです。この窓の気密性・断熱性を高めることで室内環境を大きく変えてくれると言っても過言ではないのです。窓で熱を遮ることで光熱費を削減でき冷暖房効率を高めてくれます。冬は断熱性の高い窓で寒さを軽減し、エアコンの効率を高めたいものです。そして冬場の窓の結露も断熱性の高い窓にすることで軽減でき、お掃除も今までより格段に楽になるのです。音に関しても窓の存在は大きいです。気密性の高い窓を閉めることで外から入ってくる音をシャットアウトしてくれます。また室内から発せられる音に関しても外に漏れることを軽減してくれるので暮らしやすさを実感できることでしょう。

窓ガラスを遮熱高断熱複層ガラスにすれば夏の日差しを60%カットし、冷房効果を高めてくれます。また紫外線までカットしてくれるので紫外線により日焼けも抑制してくれます。この窓ガラスにすれば一般的な複層ガラスに比べて約2倍の断熱効果が得られるのです。窓ガラスに加えサッシにも注目して窓を設置するといいのです。

家事が楽しくなる家

家事には休みがないだけに家事をいかに効率良く行えるようにしておくかということは非常に大事なことです。家事を効率良く行えるようにしておくことで、家事の時短に繋がり、今までなかった自分の時間を過ごす時間を作ることができます。また子どもと触れ合う時間も多く確保することができるのです。そこで家事を効率良く行うようにするには間取りが重要です。

特にキッチンと洗面室の動線です。キッチンを中心に家事を行います。キッチンで家事をしながら、洗面室で別の家事を行うというシーンは多いです。この二つの空間の動線を短く、そしてスムーズに行き来できるようにしておくことで家事効率に大きく影響してくるのです。
一番いいのがキッチンと洗面室を横一直線で繋ぐ間取りです。横移動で移動しやすく、隣合わせなので動線も短いです。キッチンと洗面室の動線を意識した上で、洗面室から洗濯物干し場への動線も忘れてはいけません。洗濯を終えた洗濯物は、濡れて重いです。それを移動させるのは意外と体に負担となります。洗面室から洗濯物干し場への動線もできるだけコンパクトにしておきたいものです。

一番いいのが、洗面室に勝手口を設けて、その先に屋外用の洗濯物干し場を設けることです。濡れた衣類を持ち運ぶ手間も省け、効率良く洗濯物を干せます。家事への動線をコンパクトにそして行き来しやすいようにすることで家事への不満を軽減させることができ、家事を楽しみながら行える家になると思います。休みのない家事をストレスを感じず行いたいものです。

寝室を和室にする場合の収納

住まいを新築する時、核家族が住む目的で建てるだけではありません。例えば、高齢になった父親か、母親を呼び寄せて、同居するということもあります。二世帯住宅というほど、大袈裟ではないとしても、やはり、ゆったりとくつろぐことができるプライベートルームを準備することが大切です。どのような位置に、どのような部屋を準備するか、また、収納をどうするか、考えないといけません。

私の先輩は住まいを新築するのを機に、田舎で暮らすご主人の母親を呼び寄せて、一緒に暮らすことになりました。田舎の住まいを整理して、売却するつもりなので、荷物もそれなりにあります。今は、元気なのですが、将来のことを考えて、LDKや水回りや玄関からの動線が短く、できるだけまっすぐになるように考えました。

LDKの隣で、住まいの東南の角にプライベートルームを作りましたので、日当たりも良く、風通しの良いので、過ごしやすいです。そのスペースを2部屋に分けて、北側の部屋を寝室にしました。その部屋の一部を間仕切りして、ウォーキングクロゼットを作りました。ここには、洋服やバッグだけでなく、いろいろなものを置くことができるように、オーブン棚も設置しました。寝室も居間も母親の希望で、和室にしました。

寝室を和室にすると、寝具を収納する押し入れが必要になり、どうしても、部屋自体が狭くなってしまいました。また、南側の居間も畳敷きにし、今まで使用していたタンス類を置きましたので、かなり狭くなってしまいました。

フローリングにして、ベッドを置くと、寝たり起きたりが楽になりますし、引き出しを備えている畳ベッドや跳ね上げ式の畳ベッドを採用したら、収納も確保できます。普段は小上がりの和の空間として、くつろぐことができます。母親の希望を実現しながらも、もう少し、収納などについても考えていけばよかったと思いました。