イルミネーションの家

最近、自分の家を電飾で飾りつけて楽しむ人が増えていますね。

何でも新築すると子供たちにひとつづつ選ばせて飾ったりするのだとか。楽しそうですね。

クリスマスの頃になるとそれが顕著になったりします。

この間テレビで埼玉の注文住宅がたくさん建っている住宅地でものすごい数のイルミネーションを見ました。

そこでは毎年個人宅での競争があり、イルミネーションファンタジーが繰り広げられるんだそうです。

行ってみたいなあと思ってなんとなくそんな話をしていたら埼玉に住む友人からメールで写真が送られてきました。

うーん、すごい渋滞。きれいなイルミネーションよりも、すごい渋滞が目に入ってしまって一気に行く気がしなくなりました。

やっぱり私は田舎者だからなかなかこういう人ごみには入っていけないんです。

以前に福岡に住んでいたときも、人ごみは苦手だから買い物するなら休みを取って平日に、なんて感じでした。

なぜに都会の人はこんなに渋滞を作ってまでひとんちのイルミネーションを見に来るんでしょうか。不思議です。

他に遊ぶところはいくらでもあるのになあと思います。でも、田舎の人がこれをやっても見に来る人はいないんだろうと思うと、なんか残念で悔しい気もします。

そもそも私にはこんなものに興味がないんでしょうね。電気代がもったいないと思ってしまいます。

実際にこういうことを趣味のようにこだわる人はこのために電源を多くとってブレーカーが落ちないように備えるらしいですよ。面白いですね。

This entry was posted on 日曜日, 12月 12th, 2010 at 8:59 PM and is filed under 趣味. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.