ペットと暮らす家

室内でペットを飼っている家庭は多いです。私の周りには小型犬を飼っている友人が多いです。そんな友人達が家造りで気を付けていたのは、人も犬も互いに居心地がよく、窮屈な思いをすることのないように共に暮らしやすい家にすることです。

そこで、犬が自由にのびのびと動き回れるように壁や柱の少ないオープンな空間をつくることにしました。そうすることで、犬も暮らしやすいですし、人も互いの気配を身近に感じられコミュニケーションも取りやすくなるのです。そして、人にも自分の居場所があるように、ペットにもしっかりと居場所を設けてあげるのです。

友人の一人は階段下に生まれるデッドスペースをペットコーナーとして利用していました。リビングの一角に設けておくことで、来客時や食事の時に犬に寂しい思いをさせることもありません。しっかりと仕切れるように扉も設けていました。

人が負担と感じてしまうのが、汚れはもちろん、においやノミを防ぐためのシャンプーです。小型犬であればペット対応洗面化粧台がいいのです。シンクに専用のマットをしくことで犬の足がすべりにくく、腰をかがめることなく楽な姿勢でシャンプーを行うことができるのです。これなら負担なくシャンプーを行えます。臭い対策やキズが付きにくい壁や床を使用したり細やかな配慮も大事です。ペットと人が共に快適な暮らしを送れる家造りもこれからますます求められそうです。

This entry was posted on 火曜日, 1月 9th, 2018 at 1:02 PM and is filed under 住まい. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.