物を持たないテクニック

自然と増えるものに注意しましょう。本やDVDは増えていきます。同じ型のシャツが何枚もあるのとは違い、内容が違うからです。定期的に見直しましょう。
必要な物が決まったら、空間を保つようにして、きれいに収納します。押入れなどの見えない収納は空間の7割、机の引き出しや棚などは5割、シェルフやディスプレイなどの見せる収納はスペースの1割を使って、ゆとりのある収納をします。

整理整頓や片付けは、捨てる事が前提です。物を減らして整理整頓がうまくいき、新たなものを入れずに、節約と貯蓄が出来るのが、シンプルライフなのです。

日頃から掃除をします。仕事が片付いたら、まとまった休みが取れたら、年末の大掃除の時に、と思っていたら、理想のライフスタイルにはなりません。日々少しずつでも掃除する習慣をつけましょう。

物がない部屋が寂しかったら発想を変え、自分の夢を実現しそうなイメージを高めるものを置いてみます。例えば観葉植物やランプなど、手ごろな値段のものを置いてみると、楽しくなります。
色を統一しましょう。シンプルに見せ、見た目の美しさにもなります。

収納する場所には、決めたものだけを入れます。探し物が見つからないストレスから開放され、買い忘れや二重買いも防げます。
収納棚や収納ボックスを増やさず、物を減らすことで調整します。
テーブルや机の上には、散らかるので物を置かないようにします。机の上はパソコンだけが理想です。

床には物を置きません。後で片付けるから、すぐ使うから、とりあえずという気持ちの緩みが、悪い習慣になります。
使う場所に置きましょう。物にはそれを使うための最適な場所があります。それを意識すれば、部屋はスッキリ片付きます。

This entry was posted on 木曜日, 11月 16th, 2017 at 3:25 PM and is filed under 住まい. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.