建売住宅

私の周りには建売住宅を購入した人もいますし、注文住宅で購入した人もいます。我が家は迷いなく注文住宅で家を建てたのですが、建売住宅を購入した友人宅へ行き、建売住宅について聞いてみると建売住宅にもたくさんの魅力があることを知りました。建売住宅を購入した友人が口を揃えて言うことは、決め手は価格の安さ!ということです。

建売住宅は、規格化された住宅が多いため、建築コストを安く抑えることができるのです。そして開発地などが多いため、土地の代金も安く設定されているというのです。同じ条件の土地に注文住宅を建てると、土地の仲介手数料など余計な費用がかかってくるので2~3割のコストアップになるのです。建売住宅が人気の理由は、万人受けするデザインや色味、そして最新の設備などが整えられているからでもあるのです。建売住宅の多くが、大人2人・子ども2人の4人家族を想定して建てられています。建物によって若干の間取りの違いはありますが、ほとんどが同じような間取りの住宅です。設備が古いわけでもありませんし、誰もが馴染みやすい色味やデザイン性にすることで人気も高まっているのです。

そして実際に建物を見学することができるのも安心できます。建売住宅の場合、すでに建物が完成している場合が多く実際の間取りを確認できるので選択しやすいのです。住まいへのイメージも湧きやすくなります。そして、入居までの時間が短いのも嬉しいのではないでしょうか。注文住宅であれば、土地を見付け、建築会社を決め、間取りを決めたり細やかな仕様を決めたりと決めることが多いです。全体で半年ほどの工期が必要になります。しかし建売住宅であれば、建築済ですし、建築確認申請など時間がかかる手続きも簡略化できるので、最短で1~2か月ほどで入居できるのです。魅力が多い建売住宅も選択肢に入れてもいいと思います。

This entry was posted on 日曜日, 7月 10th, 2016 at 1:27 PM and is filed under 住まい. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.