造作カウンターのあるキッチン

キッチンは女性にとっては非常に大事な空間です。キッチンで家事を行いながら家族の顔を見て会話が行えたり、キッチンで家事を行いながらリビングで遊ぶ子どもの様子を確認できる対面式オープンスタイルのキッチンが人気です。対面式キッチンにはフラットに繋がるカウンターを設ける人が多いです。

我が家のキッチンはあえて造作カウンターを設けてこのカウンターがキッチンのアクセントとなるようにしたいと思っています。この造作カウンターがあることでフルオープンスタイルのデメリットの対策にもなります。フルオープンスタイルのキッチンのデメリットはシンクや手元部分が丸見えになってしまうことです。きれいに片付いている時は見栄えがいいのですが、調理中や調理後などキッチンが汚れている状態の時もリビングやダイニングから丸見えになってしまうので見栄えがいいとは言えません。造作カウンターがあることでリビングやダイニングとの一体感はそのままにシンクや手元部分をしっかく隠すことができます。

またこのカウンターの上手にはモザイクタイルを敷き詰めればキッチンのアクセントにもなります。そしてこの造作カウンターを飾り棚としてニッチを設けました、食器などを収納できるニッチを設ければ便利さも感じられる造作カウンターになります。食器など物を収納する部分の前には扉を設けておくのも生活感が感じにくくなりいいと思います。フルオープンキッチンもいいですが、造作カウンターでセミオープンキッチンにするのもいいと思いませんか。

This entry was posted on 火曜日, 2月 9th, 2016 at 10:31 AM and is filed under 住まい. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.