ユーティリティスペース

あったら便利なユーティリティスペース。このユーティリティスペースとは、キッチンや洗面室に隣接して設けられる多目的空間のことを指します。雨の日にはここに洗濯物を干したり、家計簿をつけたり、洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたりとちょっとした家事を行うスペースとしたり様々な用途に使用できるのです。

主婦にとってキッチンと洗面室は家事を行う上で非常に重要な空間です。これらの空間に隣接して設けられるユーティリティスペースは家事動線を考える上で非常に大事なのです。炊事や洗濯は毎日の繰り返しです。毎日行われるだけに自分に一番適した配列を考えるべきなのです。

洗濯物干し場は基本的には屋外です。しかし悪天候には屋外に洗濯物を干すことができません。また外出して帰宅が遅くなる時や花粉が多く飛散する時、大気汚染が多く飛来する時など屋外に洗濯物を干すのに抵抗を感じます。このような時でも洗濯は行うので、室内用の洗濯物干し場というのはしっかり確保しておきたいものです。

このユーティリティスペースがあれば、天候に左右されることなく洗濯物をしっかりと干すことができます。毎日行う家事だからこそ円滑に行える環境を整えておくことで、家事へのストレスが軽減され楽しみながら家事を行えるようになるのです。ここにカウンターを設けていれば、乾いた洗濯物をたたんだり、裁縫をしたりちょっとした家事を誰にも邪魔されることなく効率良く行えます。家事の効率を高めることで、自分の時間にゆとりを持てるようにもなるのです。ユーティリティスペースは家事をこなす主婦にとって理想的な空間と言えるのです。

This entry was posted on 月曜日, 12月 21st, 2015 at 1:51 PM and is filed under 住まい. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.