家事が楽しくなる家

家事には休みがないだけに家事をいかに効率良く行えるようにしておくかということは非常に大事なことです。家事を効率良く行えるようにしておくことで、家事の時短に繋がり、今までなかった自分の時間を過ごす時間を作ることができます。また子どもと触れ合う時間も多く確保することができるのです。そこで家事を効率良く行うようにするには間取りが重要です。

特にキッチンと洗面室の動線です。キッチンを中心に家事を行います。キッチンで家事をしながら、洗面室で別の家事を行うというシーンは多いです。この二つの空間の動線を短く、そしてスムーズに行き来できるようにしておくことで家事効率に大きく影響してくるのです。
一番いいのがキッチンと洗面室を横一直線で繋ぐ間取りです。横移動で移動しやすく、隣合わせなので動線も短いです。キッチンと洗面室の動線を意識した上で、洗面室から洗濯物干し場への動線も忘れてはいけません。洗濯を終えた洗濯物は、濡れて重いです。それを移動させるのは意外と体に負担となります。洗面室から洗濯物干し場への動線もできるだけコンパクトにしておきたいものです。

一番いいのが、洗面室に勝手口を設けて、その先に屋外用の洗濯物干し場を設けることです。濡れた衣類を持ち運ぶ手間も省け、効率良く洗濯物を干せます。家事への動線をコンパクトにそして行き来しやすいようにすることで家事への不満を軽減させることができ、家事を楽しみながら行える家になると思います。休みのない家事をストレスを感じず行いたいものです。

This entry was posted on 日曜日, 6月 28th, 2015 at 1:51 PM and is filed under 住まい, 家造り. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.