物件選びの価値観の違い~一人暮らしと実家暮らし~

結婚当初を思い出して書いています。

大分の住宅にて二人で暮らしを始める前に知っておきたいのが価値観の違いというものでした。

元々私がずっと一人暮らしであったことと妻がずっと実家暮らしであったことの違いは大きいものでした。

一人暮らしをしていると、給料の半分以上が生活のために消えます。

家賃、食費、光熱費の支払い、携帯代など自分のために使えるお金はほとんど残りません。

一方、実家暮らしの場合は、いくらかを実家に渡しておけばそれ以外の生活費はかかりません。

それ以外のお金は自分のために使えます。

お互い毎月使えてきたお金の金額が違うだけでも大きな価値観の違いがうまれてくるのです。

もう一つ、一人暮らしと実家暮らしの違いがあります。

それは自分の時間の違いです。一人暮らしになると仕事から帰って、夕飯を作って、掃除をして、洗濯してなどしていると家事をしているだけで終わります。

休日も仕事の日に出来なかったことをまとめてするようになるためほとんど家の事で終わります。

自分の時間というものはほとんどありません。

一方、実家暮らしの場合、仕事から帰ると夕飯を作ってくれる母親がいます。

掃除や洗濯などの家事は日中、母親がしてくれているので帰ってからしなくても大丈夫です。

ご飯を食べ終われば、その後は自分の時間を有意義に過ごせます。一人暮らしのいいこともあります。

それは、自分の自由がきくことです。

自分がお風呂に入りたい時にはいって、でかけたい時にでかけてととにかく自由です。

そして、自分で何もかもする為、料理や家事など何でも一人でこなせるようになります。

実家暮らしの場合、他の家族がいるので一人暮らしに比べると自由な時間が少なくなるでしょう。

料理も作る機会が少ないので腕もなかなかあがりません。

このように一人暮らしと実家暮らしでは毎日の生活そのものが違ってくるのです。

今まで一人生活をしたことがない妻は物件選びも何からはじめたらいいのかもわかりませんでした。

今となってはいい思い出です。

This entry was posted on 木曜日, 12月 27th, 2012 at 10:16 AM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.